2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KIRIN一番搾りのCMに見る東京中心主義

サッカー日本代表が勝ちましたね。
オシム政権下の初陣を飾ることができました。

さて、そのトリニダード・トバゴ戦のハーフタイム。
スポンサーであるキリンのCMが延々と流れてました。
その中で特に目を引いたのが

KIRIN_選ぼうニッポンのうまい!2006_トップページ

のCM。

普段からこのCMは本当に出てくるもの全てがおいしそうなものばかりで、思わず見入ってしまいます。
そして今日流れたのは47都道府県の名産品全てが流れるバージョン。
初めてみました。録っておくべきでした…。

その中で、ただ一つ気になった場面が。

名物の最後が、

東京:新宿名店のカリー詰合せ

だったのです。

私はこの「トリが東京」という見せ方に、企業や広告会社の東京中心主義を見たような気がしました。
偶然とは思えないのです。

やっぱりこの国のマスコミは東京を中心に回っています。
こんな穿った見方をするのは、果たして私だけでしょうか…?

テーマ:マスコミ報道検証 - ジャンル:ニュース

パブリックビューイングができるのは東京様だけです!

久々の寄稿です。

サッカーワールドカップがもうすぐ開幕するのですが、それに伴う報道もどんどん過熱しています。
今朝「ワッツ!?ニッポン」(フジテレビ)を見ていて違和感を覚えた一節がありましたので紹介します。

「日本国内でパブリックビューイングができるスポット」を特集していたのですが、そのスポットのラインナップが偏向丸出しでした。

埼玉スタジアム2002
六本木ヴェルファーレ
nakata.net.cafe
ウェスティンホテル東京


埼玉スタジアム以外、全部東京都内のスポットばっかりです。

「ワッツ!?ニッポン」は関東圏以外でも放映されている番組です。
これこそ、東京のマスコミの感覚(全国ネットされているのにローカルな話題をたびたび流す感覚)が狂っていることの証のようなものでしょうね。

毎度毎度あきれます。

テーマ:マスコミ報道検証 - ジャンル:ニュース

身内以外のことはどうでもいい東京のマスコミ

人気DJの小林克也氏が急病を患って入院されたそうです。

出張にいく車に乗りながらの毎週金曜の「ファンフラ」(小林克也のファンキーフライデー=NACK5)を楽しみにしているだけに、誠に残念でなりません。
小林さんにはゆっくり休んで頂きたいと思います。各ラジオ局とも小林氏には無用なプレッシャーをかけてほしくないものです。

さて、これを報じる日刊スポーツの記事。

小林克也緊急入院、番組出演取りやめ [ 04月16日 10時29分 ] 日刊スポーツ

 DJの小林克也(65)が体調を崩し入院していることが15日、分かった。関係者によると、13日に体調の異変を訴え、14日に都内の病院に入院した。そのためこの日生出演を予定していたラジオのニッポン放送のレギュラー番組「青春ベストヒットリクエスト」(土曜午前7時)の出演を取りやめた。急きょタレント榊原郁恵が代役を務めた。
 ニッポン放送によると病状の詳細は伝えられていないが、「とりあえず2週間の静養ということでしたが、まずは体調回復が優先」としており、復帰予定は決まっていない。


東京のマスコミにとっては埼玉のFM局であるNACK5のことはどうでもいいみたいですね。身内のニッポン放送のことだけが心配でならないようで。
先週金曜のファンフラは突然の司会交代で大変なことになっていたのに…。

テーマ:マスコミ報道検証 - ジャンル:ニュース

都内の桜の名所はマスコミのお陰で全国区

今都内では桜が満開です。
私も井の頭公園や、武蔵野市の市役所通りの桜並木を見てきました。
どこの名所も人でいっぱいです。

それにしてもこの時期の吉祥寺の人出は半端じゃありませんね。
特に南口。
あんな狭い路地に多くの人が集まってくるもんですから、歩けたもんじゃありません。

この時期毎年、マスコミはここぞとばかりに上野公園の桜を全国に向けて宣伝しています。
上野公園にも行ったことがありますが、はっきり言って各都道府県にどこでもあるレベルの名所です。
上野公園ばかりではありません。
都内の桜の名所はその規模以上に、やたらと全国に知られています。

それはまあいつものことですが、私が違和感を感じずにはいられないのはこの時期にたびたび繰り返される「日本列島は今桜が満開…」というフレーズです。
東北では開花すらしていない地域が未だに大半です。
北海道はもっと開花が遅くなります。
にもかかわらず東京が満開になっているだけで「日本列島は…」と平気で繰り返すのです。
東京という都市の傲慢さ、無神経さがここにも出ていると言えましょう。

東京という特異な情報鎖国にいると、東京=日本ではないという当たり前の事実すら、見えなくなってしまうのでしょう。

テーマ:マスコミ報道検証 - ジャンル:ニュース

「王様のブランチ」の地方垂れ流しについて

関東で、土曜の昼間の情報番組といえば「王様のブランチ」です。

最初に断っておきますが、私個人はこの番組はすごく好きです。
土曜の朝から昼のまったりしたい時に見る番組としては本当によく出来ていると思いますね。
はしのえみが出ている「姫」のコーナーは特に楽しみにしています。
(ディズニーナビとかいうコーナーだけはやめて欲しいですが…)

私が疑問に思うのは、番組そのものよりも、この番組を垂れ流している地方ローカル局があることについてです。
この番組には東京やその周辺の情報しか出てきません。
当たり前です。これは関東ローカルで放映することを前提にして作られた番組だからです。
にもかかわらず、性懲りも無くこの「関東ローカル番組」の放映権を買い取って、東京の情報を延々と流すという、電波の無駄遣いとも言うべき行為を繰り返しています。

この事実は、私が四国の高松に旅行に行った時に初めて知りました。
私がてっきり、王様のブランチは関東でしか見れない番組だろうと勘違いしていたからです。
にもかかわらず、ホテルのテレビを付けると、いつも見慣れたスタジオの風景が…。

だいたい、高松に住んでる人など年にどれだけ東京に行くというのでしょうか。
行ったことも無いという人もいるでしょう。
全く、無意味な電波の無駄遣いと言うほかありません。

これが日本という国の現状なのです。
東京から来る情報が何より優先され、東京のニュースポットや店はどんどん特集され、その結果、東京に憧れる人がどんどん生まれ、でまたその人達が東京からの情報を欲する、この繰り返し…。

地方ローカル局、さらには地方の人々には少しプライドというものを持って欲しいものです。

テーマ:マスコミ報道検証 - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

プロフィール

東京一極集中報道に反対する会

Author:東京一極集中報道に反対する会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。