2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミが東京一極集中を加速させる

東京への人口の一極集中が叫ばれて久しくなっています。
首都圏内部では道路問題(世界の大都市の中でこれだけ環状道路網が貧弱な都市は見当たらない)・環境問題・犯罪の増加など看過できない社会問題が起きているにもかかわらず、東京・首都圏への人口流入は留まるところを知りません。
これは非常に厄介な問題です。
日本は東京がマヒすると全体が機能不全に陥ってしまう国になりつつあります。

何故こうなってしまったのでしょうか。
霞ヶ関が行政権の多くを地方から取り上げてしまったから。これも原因です。
しかし私は東京一極集中の最も大きな原因はマスコミ各社の東京一極集中にあると思います。
キー局と呼ばれるテレビ・ラジオの各社、および新聞の全国紙は全て東京に本社があります。
これがいけないのです。

東京の中にいると、東京の中での視点でしか物事を見ることができない。
東京の中にいると、東京以外の都市にはまるで目が行かない。

これを東京・首都圏の内部だけでやってくれたら別にどうということもないのですが、最も厄介なのは、東京のマスコミが、これらの内部偏向報道を、全国ネットという道具を使って、全国に垂れ流していることです。

具体的にどういうことになっているのかは、今後のエントリーで検証していきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ報道検証 - ジャンル:ニュース

コメント

東京一極集中がこれ以上進むのは遺憾ですね。私も東京にマスコミが集中してることが大きな原因の一つだと思います。東京限定の情報にはもう食傷気味です。キー局も全国に分散すればいいと思いますが。

ありがとうございます。東京限定の情報のみが全国に発信される今の体制、どう見ても異常ですね。
キー局が全国に分散するのは現状では難しいと思います。現在出来ることは我々が彼らを監視することです。

1975年のネットチェンジ

明けましておめでとうございます。

在京キー局一極集中を決定付けたのは1975年に東京のTBSと日本教育テレビ(現テレビ朝日)、大阪の朝日放送と毎日放送との間で行われた系列の交換すなわちネットチェンジにあると私は考えます。

ネットチェンジが行われる前は、朝日放送はTBS系列、毎日放送は日本教育テレビ系列で東京12チャンネル(現テレビ東京)ともネットしていました。毎日放送は制作力が弱かった日本教育テレビと東京12チャンネルに番組を大量に供給していました。

しかし、ネットチェンジ後は、毎日放送は当時最強の制作力を誇っていたTBSに対して優位に立つことができず衰退していきました。一方の朝日放送はTBS系列から一転弱小の日本教育テレビ系列になったのを逆手にとって制作力の強化に努め、現在ではテレビ朝日系列の準キー局としての地位を確立しています。

もしネットチェンジが無ければ毎日放送はキー局になってもおかしくなかったのではないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://antitmass.blog56.fc2.com/tb.php/1-cd47d9e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

東京一極集中報道に反対する会

Author:東京一極集中報道に反対する会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。